2010年11月02日

さよならみたいです。だから、こんにちはです

auoneブログは来年(2011年)の3月中旬でサービス終了だそうです:

http://blog.auone.jp/service/info_detail/?InfoID=1752

あらまぁ失敗

それで、移行先がlivedoorとseesaaだそうで。いまさらlivedoorって、微妙…横目

移行機能が準備でき次第、お知らせいただけるそうなので、auoneブログ(過去の資産)は迷わずseesaaに移そうと思います工事中

そして、11月いっぴの区切りの良いところで、新たにseesaaブログを立ち上げておくことにしましたNEW

http://nomorefootball.seesaa.net/

今後はそちらのほうをメインにしていきたいと思いますうさぎ(auoneのほうも、たまに気まぐれでアップするかも知れません)

どうぞよろしくお願いします平謝り
posted by 川北涼 at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

浦和 0-1 モンテ

♪雨の中を〜

傘もささず〜

名前も知らない〜

あの男の〜

青いポンチョは〜

びしょ濡れに〜なり〜

僕の所へ近寄って…♪

("This is for you" by THE YELLOW MONKEY)

台風の中、行ってきました、埼スタ2○○2台風

「よっしゃーーー!!!手(チョキ)

石川のFKから田代のヘッドで1-0の勝利きらきら

稽古の先生からも、横浜市からも、午後の外出は避けなさいと言われていたのをぶっちぎって行った甲斐がありました。っていうか、雷いなずまが鳴らない限り、全部ふりきって行くけどね〜うっしっし

浦和との今季対戦成績は、分け(ホーム)勝ち(ナビスコ@駒場)、勝ち(今日)の2勝1分です。

そして、強豪との連戦だった10月は、勝ち(ホームガンバ戦)、負け(アウェイ川崎戦)、負け(ホーム清水戦)、勝ち(今日)の2勝2敗です。(天皇杯(ホーム湘南戦)を入れれば3勝2敗の勝ち越し)

今日の布陣は怪我から復帰のみーもがさとけんと組んでボランチ。最終ラインは左から石川、石井、前田、こばりょう。4-2-3-1の3は、左から宮さん、とーみ、きたむー。1トップに長谷川悠。

交代は、長谷川→田代。前田(負傷)→西河。宮さん→キムビョンスク。

ちょっと見ていない間にびっくり、だけど、たのしいシステムになっていました。小林監督!監督と飲みに行きたいてれてれ

順位は12位のままですが、勝ち点は35になりました上向きカーブ矢印

次は大宮(A)です。この調子で埼玉県から連続勝ち点3ゲットだ!!

posted by 川北涼 at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

川崎 2-0 モンテ

ミスの多い試合でした。せっかく奪取した球も、ミスで攻撃につなぐことができず。中2日の川崎よりも、モンテのほうが動きが重かったです。球際や、ミスした後の奪い返しや、ちょっと流れてしまいそうなパスなどを、簡単にあきらめてしまっているように見えました。これでは勝てないし、応援しようにも気力が失せていきます。

それでも、良いところはありました。

前半、石川のFKは相手GKの好セーブに阻まれましたが、めっちゃかっこよかったです。

宮さん、攻撃では効果的な動きをいっぱいしていました。守備では何回か抜かれていたけど。そのたびにゴリラスターンスで援護してあげたくなりました。

実は、今日の試合は無料で観ることができました。F様は弊社のお客様でして、ホームゲームのチケット(Sゾーン自由席)を6枚購入しているのです。早い者勝ちで社員3名がペアチケットをゲットできます。ゴール裏で応援したい派なので、これまではこの会社の仕組みをスルーしていましたが、今日の試合のチケ一般発売日が仙台戦(A)と重なってしまったので、試しに申し込んでみました。数ある等々力開催ゲームの中、山形戦をあえて選ぶ人はいないようで、楽々ゲットできました。そして、ここからが味噌なのですが、川崎では、アップグレード(差額を払えば所有しているチケをランクアップできる)とダウングレード(差額は戻らないが所有しているチケをランクダウンできる)というサービスがあるのです。もちろん、ダウングレードしました。無料でゴール裏で観戦できたのです♪

陣取った席の左斜め前に海保・前理事長が来ました。(お隣は奥様だと思います)試合後、「お疲れさまでした」と挨拶したら、「(私たちの応援する)声よく聞こえたよ。つぎ、つぎ。(次節勝とう!)」と言ってくれました。これまでも、関東開催のゲームではよくお見かけしていました。理事長の職を離れた今でも、モンテのゲームに足を運んでくださるなんて、ありがたい&心強いです。

モンテの選手たちが左腕につけていた喪章は、2ch情報ですが、山田のお父さんが亡くなられたそうです。ご冥福をお祈りいたします。

J1は明日、残りの2試合が行われますが、前後の関係で、今節のモンテの順位は12位で確定です。勝ち点32 得失点差-11 再び2桁になってしまいました。

次節(10/23)はホーム清水戦。ガンバ戦のようにホームのサポの前で勝って欲しいです。がんばれ、モンテ!!

(写真はフロンターレ名物らしい春日山部屋の塩ちゃんこ。400円とお手ごろ価格で具だくさん。美味しかったです♪)





posted by 川北涼 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

モンテ 2-1 G大阪

モンテ、ガンバに逆転勝ちしましたスマイルフェイス

昨日はボブんちでスカパー!観戦テレビ

システムは4-3-3 ハセが1トップ。田代はベンチスタート。これまで、さとけんとダブルボランチを組んでいた東美が上めにポジションを取り、やっと(遠藤)を早い段階でチェック。そして、攻撃でもがんがん行ってましたサッカー

だから、失点してもなんだかイケる気がしてました。現地のサポも同じ気持ちだったこと、失点直後の声が一段と大きくなったことでわかりました力こぶ

そして、石川のクロスから東美の同点弾!

さらに、交代出場の光平さん(宮崎)が2戦連続ゴールで逆転「!!」GKの上をふわりと越える小気味良いループでしたきらきら

6試合ぶり(あの酸欠勝利@三ツ沢以来)の勝利です!やった〜キャラクター(万歳)嬉しい〜キャラクター(挙手)

10月は、G大阪/川崎/清水/浦和と、強豪との対戦が続きます。その1戦目で勝てたのはデカいですおやゆびサイン弾みをつけて、行こう!モンテ、ゴーパンチ





posted by 川北涼 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

ボックス!

次は、5/30(日)に観た【ボックス!】です。今年の9本目。

レディースデー(水曜)でも、映画の日(毎月1日)でもない日にこのチョイス。危険な香りいっぱいですが、よく行く映画館3館中2館はマルイのカードを提示する(見せるだけ)と300円OFFなので、1,500円で観ることができます。それでもレディースデーや映画の日に比べれば500円も高いわけですから、危険な香りむんむんに変わりはありません。笑

市原隼人がやんちゃな天才ボクサー。高良健吾が気弱な優等生。でも、いざボクシングを始めてみると…。というわかりやすい構図。

イッチーは、その伝説っぷりで、もう期待を裏切りませんw

高良くんはイケメンだし、伊坂原作の【フィッシュストーリー】も良かったので、出演作はなるべく観たいなぁと思ってます。現在上映中の【おにいちゃんのハナビ】も。

さて、危険臭漂う選択は、良い意味で裏切られました!

TBSという時点で「どうなの?」って感じなんですけど、やっぱり【ROOKIES】とか観てた者にとっては、嫌いじゃないというか、むしろ好き。これもテレビでいずれやるでしょうから、楽しみに待っていたいと思います。



映画【ボックス!】の公式HPは、こちら

(PC版のみリンク有効です)
posted by 川北涼 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

なにをいまさらという感じですが、財布の中にたまっている映画の半券たちが、「いつアップすんのさ」って言ってくるので、ぼちぼち書いていこうと思います。

まずは、4/21(水)に観た【のだめカンタービレ 最終楽章 後編】から。今年の8本目です。

ドラマと映画(前編)を観てきたので、決着をつけるためにもファイナルを観とかないといけません。欧州に留学はしたものの、鳴かず飛ばずののだめ。その行く末を見届けてきました。

スランプに陥ったのだめが、ある楽器とその奏者に出会って、音楽の楽しさを思い出す場面が好きです。ピアノも同じ打楽器。そう、原点はここにある!ってね。

年末年始あたりにフジテレビで放送しそうな気がします。もう一回観たいので、気長に待っておこうかな。



映画【のだめカンタービレ 最終楽章】の公式HPは、こちら

(PC版のみリンク有効です)
posted by 川北涼 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

TJ

「人間はどこまでやせられるか?」の実験を自らの身をもって実行された方の話。

毎日、トマトジュースと野菜クラッカーだけを食べて、1ヶ月で8キロやせたそうです。それが限界で、後はサチっちゃってどうやってもやせなかったそうです。

とりあえず、興味を持ったらすぐ試したくなる性分なので、昨日のブランチから始めてみました。



トマトジュースは、旭川は谷口農場の【ゆうきくん】有機栽培のトマトをぎゅっと搾った"濃縮還元ではない" 100%ストレートジュースです。これが、超旨い!まとめ買いしたい!!

"野菜クラッカー"なるものを成城石井さんでは見つけられなかったので、フランスで一番売れてるってのを買ってみました。味は確かにフランスパンで美味しいのですが、歯にめっちゃくっつきます。カールの2.5倍くらいくっつく。だから次はこれ買わない。どなたか野菜クラッカーを知っていたら教えてください♪

そして、昨日の夜ご飯。最近教えてもらったお魚系の美味しい居酒屋に、ついつい入ってしまいました。(あれ?実験は??笑)



サンマと〆サバです。ヒカリモノ最高〜きらきら
posted by 川北涼 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

仙台 2-0 モンテ

9/19みちのくダービー@宮スタは残念でした。ユアスタよりも戦いやすい(大きくて、トラックがあって、仙台にとってはホームっぽくない。現に今季、宮スタでの試合は鹿島・浦和・山形の3試合のみ)と思っていましたが、そう甘くはなかったです。この日の入場者数は26,000人超。ユアスタは約19,000人収容なので、みちのくダービーは今後も宮スタでしょう。ってことで、来季のためにメモっときます。

15:00キックオフ。試合開始の3時間半前(11:30)からシャトルバスが運行とのこと。バスは泉中央と仙台駅と利府駅の3ヶ所から出ていますが、バスに乗る時間の短いほう(利府駅)をチョイス。ただし、仙台〜利府の電車が少ない(ドアは手動で開閉♪)ので注意。

東京発8:08
仙台着10:17
(coffee break)
仙台発11:00
岩切着11:08
(東北本線から利府線に乗り換え)
岩切発11:18
利府着11:24

利府駅に到着した電車の時間と乗客数に合わせてシャトルバスを運行するようです。乗車場付近のテントで切符(片道230円/往復460円)を購入すればokで、あらかじめLoppiで乗車券を購入しておく必要はありませんでした。10〜15分ほどで宮スタに到着。

すでにさまざまなイベントや美味しそうなお店でにぎわっていました。でも、まずはビジター入場の列へ。そこもすでに青い長蛇の列が形成されていました。私たちが着いたとき「ここが最後尾」を案内するスタッフがいなくて、歩いて歩いてたどり着いたところが「折り返し地点」だったのにはやられました。無駄に歩かせて応援する体力を奪わせようってことですか。ちなみに、東北はもう肌寒いだろうなって予想して、長袖で行ったら、普通に夏でした。だから、汗だく。

入場列内の場所を無事ゲットして、次は、気仙沼の秋刀魚の炭火焼(先着500名無料)をゲットすべく、向かいました。もちろん長蛇の列。でも、500名に間に合ったみたいで、割り箸とお手拭をもらって列に加わりました。15分で100匹焼けると言っていましたが嘘です。本当なら11:30開始なので12:45には完売のはずが、13:00にようやく最前列に進んだ妹の写メ(焼かれてる秋刀魚を前に満面の笑み)が送られてきましたから。(そのころ私は入場の列に戻っていました。12:30開場だったので)でも、水中眼鏡装着で焼いてくれた秋刀魚、超美味しかったです!気仙沼の漁師さん、ありがとう!!

この日は七十七銀行マッチデーでした。13:55から七十七銀行和太鼓同好会による演奏がありました。これも秋刀魚とともに楽しみにしていた一つです。演奏場所がピッチ上(実際には手前のトラック上)でなければMyバチを持参して乱入したのに(笑)搬入時、雨が降ってきたので太鼓を心配しましたが、袋を被せるでもなく普通に放置していたのでちょっと驚きました。演奏曲はすべてオリジナルとのこと。そういえば、宮スタは変わっていて、ホームのゴール裏に大型映像装置が設置されていました。なので、演奏の様子が映し出されて良く見えたのですが、途中から踊り子メインになってしまいましたので、もっと近くで太鼓演者を見たかったなと思いました。でも、良いものを見せてもらえました。この演奏で仙台の選手たちが鼓舞されちゃったのかも知れません。

さて、ゲームのほうは立ち上がり20分くらいまでモンテのペースでしたが、仙台#10にフリーキックを決められ、先制されました。ボールは壁の左脇を巻いて飛び込んできました。右足に重心が乗っていたシミケン、すぐに反応して左に飛びましたが、間に合いませんでした。あの位置で右利きのキッカーなら壁の上か左を越えてくると予想できそうなのに、残念でした。この日のモンテはミスが多く、セカンドボールを拾えず、少ないチャンスをものにできず、0-2で負けました。気合い負け、走り負けとも言えると思います。そんなサポの気持ちが山形のゴール裏では珍しいブーイングという形で現れました。不甲斐なかったことを一番わかっているのは選手たちだと思っているので、私はしませんでしたが。

山形からオフィシャルツアーバス(NDスタ駐車場に車を置いて、みんなでバスに乗り合わせてくるという楽しそうな企画。24台の軍団)でやって来た姉夫婦とお別れし、往路と同じルートで仙台駅まで行きました。新幹線は行きも帰りも【トク25】という25% offのチケットを準備していました。でも、牛タンは宮スタで利久のを食べたし、他に食べたいものも特にないし、これ以上仙台にびた一文落としたくないからもちろん萩の月も買わないし、とにかく早くおうちに帰りたい!ってことで、予定より早い時間の自由席で帰ってきました。さよなら仙台。

ということで、順位が下の相手から負けるのはこれで終わりです。次の湘南戦(H)は絶対に勝たなければいけません。





posted by 川北涼 at 15:32| Comment(2) | TrackBack(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

第八回 神恩感謝 日本太鼓祭

神恩太鼓が好きすぎる件。

9月5日の日曜日、日帰りでお伊勢さんに行ってきました。この一年間で三回目という熱狂ぶりです。

※一回目は、これ。二回目は、これ

今回の目的は【神恩感謝 日本太鼓祭】2003年から毎年開催していて、もう八回目だそうです。

新横浜発6:00の新幹線(始発)で名古屋へ。そこから近鉄特急に乗って宇治山田へ。そこからバスに乗って内宮へ。そして、おかげ横丁の太鼓櫓へ。もう慣れたものです。三回目ですから。

10:00の開始に間に合い、太鼓櫓に集まったお客さんと、一発目の【和知太鼓保存会】の皆さんと一緒に、内宮へ向かって二礼二拍手一礼しました。奉納ですから、気持ちを静めてここからスタートです。

ロックフェスみたいに、周辺に大小いくつかの会場があって、お目当ての演奏を観るために移動したりします。私たちが観たのは、以下の通りです:

<おかげ横丁 太鼓櫓にて>
1. 和知太鼓保存会(京都府)
2. 八丈太鼓の会(東京都)
3. 大太鼓一人打ち
a. 國枝 篤志(岐阜県)
b. 生田 隆明(三重県)
c. 岩渕 英浩(岩手県)
4. 三宅島芸能同志会(東京都)
5. 山部 泰嗣(岡山県)/森田珠代(長野県)/神恩太鼓(三重県)
6. 豊の国 ゆふいん源流太鼓 (大分県)

〜移動〜店先で焼かれてるヒオウギ貝とサザエを食らう。奇跡のビール飲まず!

<五十鈴川 河川敷特設舞台にて>
7. 麗澤瑞浪高校太鼓部(岐阜県)
8. 大治太鼓 尾張一座(愛知県)
9. 近鉄百貨店 諏訪太鼓(三重県)
10. 炎太鼓(石川県)
11. 藤本 吉利 [鼓童] (新潟県)
12. 霧島九面太鼓 和奏 (鹿児島県)
13. 森田 珠代
14. 山部 泰嗣
15. 三宅島芸能同志会
16. 今福 優
17. 神恩太鼓

暑い中、夕方5:00までがっつり楽しみました♪

一人打ちの國枝さん。大太鼓でそんなにリズムやアクセント刻めますか!って突っ込みたくなるくらい、かっこよかったです。

巷でうわさの三宅のイケメン三兄弟(+お父さん)。出ました、おっかけ(ギャル)!気持ちはわからんでもないが、おとんもかっこいいぞ。

山部さん。国際和太鼓コンテストで最年少で最優秀賞の天才さん。なんだか態度が生意気そうなのは、自信の表れなのです、きっと。

そして、神恩太鼓。もちろん、これがお目当てです!それなのに!!下には日野さんと智加さんだけが残って、八朔(浜田さん)、直史さん、悠子さん、木下さんは櫓の二階に上ってしまいました!見えない!!でも、演奏された【慈-Itsukushimi-】はそういう曲なのだそうです。姿が見えなくても互いを思いやって、音でつながる…。素敵。女性二人が着物姿で打つ曲も良かったです。そしてそして、今回一番感動したのは、悠子さんの大太鼓ソロ正面打ち!あの細くて白い腕で一打一打を精一杯打ち込む姿と、綺麗に通る掛け声(これ大事。大事なポイント)に、感動で目がうるうるしてしまいました。

ゆふいん。男だらけの組太鼓(というのだそうです。最近知りました)。出番を待つ間のしゃきっとしてない態度が見えちゃったのが残念。そして、締め太鼓の締め方が(というか、太鼓の扱い全般が?)雑だったのも残念。しかし、"おろし"を輪唱(輪打?)してくののはまり具合はすごかったです。そして、若き天才・山部さんもゆふいんの兄さんたちの前では一手下となって、太鼓の上げ下げをきびきびとお手伝いしていました。

麗澤瑞浪高校。高校の和太鼓部は半端ないと聞いていましたが、本当でした。演奏する場は"文化祭"とかなんでしょうけど、文化部じゃなく完全に運動部でした。他の競技と同じように、夏が終われば三年生は引退なわけで、今回のステージが最後だったそうです。おそらく次の部長であろう二年生の女の子が涙で声をつまらせながら言っていました。熱闘甲子園みたいにうるっときちゃいますが、同じことをもう一度言うものですから、「二回言わねくてい!」と、すぐに冷めちゃった。大人っていやですねw

炎太鼓。女性三人組。名前にぴったりの真っ赤な衣装で、艶やかに、そして、曲が変われば勇ましく、魅せてくれました。四月から研修生として入ったという新人ちゃんも途中から加わり、ますますパワーアップ。こちらにもおっかけ(おばさまたちかな?)がいるらしく、その人気も納得のステージでした。

鼓童の藤本さん。今福さんとの"おじさん二人組"で登場し、歌いながら打ちました。歌がうまい!そして、歌詞が良い!あの歌、覚えたいな〜♪フィナーレでの大太鼓正面打ちもさすがでした。

和奏。"わかな"と読みます。霧島九面太鼓を母体とした女性だけのチーム。このチームを観れて良かった!やっぱりこれだけの大舞台だと、プロでもアマでも見栄えのする打ち方をするもののようで、やたらバチを回したり、演者自身が跳ねたり回ったり、無駄と思える動きをするチームが多かったのですが、和奏はそうじゃなく、基本に忠実でいて観る者を惹きつける演奏でした。素敵♪篠笛の音色も美しかったです。

そして、いよいよフィナーレ。篠笛の珠代さんや三宅の三兄弟(おとん抜き)他、神恩太鼓とともにステージに上がり、一緒に演奏して二日間の太鼓祭を締めくくりました。いつもは違うチームなのに、練習したんだろうなぁと感心しつつ、壇上の太鼓打ちたちの達成感あふれる表情に「来てよかった!太鼓に出会えてよかった!!」と思いました。

それもこれも、お伊勢さんのおかげです。ありがたや〜

おかげと言えば、夏フェスのようなものなので日焼け止めやキャップが必須なのですが、妹が途中でキャップを無くしてしまいました。探しに行っても見つからず…。最後にバス停へ直行するのではなく、来た道をもう一度戻りながらダメもとで探したら、ありました!しかも、川沿いのベンチにちょこんと置かれて。見つかったとしても、この人ごみだし、みんなに踏まれて砂埃まみれだろうなと思っていたので、すごい驚きました。お伊勢さんパワー、すごーい!

P.S.
三回目にして、ついに赤福に手を出してしまいました。帰りの新幹線で食べたんだけど、ちーん(ご臨終)って感じです。甘い!大きい!多い!妹が3個しか食わないとか言うから私5個食べました。実家で正月に食うあんこ餅のほうがよっぽどんめ。でも、一度は経験しないと!なので、大人になれた気がします。

神恩太鼓の動画 #1 は、こちら
神恩太鼓の動画 #2 (八朔メイン)は、こちら
神恩感謝 日本太鼓祭のページは、こちら

(PC版のみリンク有効です)









posted by 川北涼 at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ise | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

5050

モンテのことが好きすぎる件。

わたしってばここ2ヶ月ほどとっても気になっていたことがありました。

山形のローカルテレビ局によるモンテのニュースを、いつもyoutubeにアップしてくれる神様みたいな人がいたんです。

もちろん、チャンネル登録していて、その人が新しい動画をアップするとgmailが飛んでくるように設定していました。

しかし、2ヶ月前(ワールドカップによる中断期間中で、モンテが酒田キャンプ中だった頃)から、ぱったりと更新がなくなってしまったのです。

とっても気になって・・・

@その人にyoutube上でメッセージを送ってみたり、

→「友だちじゃないから送れませんでした」みたいなエラーになり、

A2ちゃんねるのモンテ板に消息を知る人いないか聞いてみたり、

→「dionには規制かかってますけど」みたいなエラーになり・・・

もうなしのつぶてじゃ!と思っていたそのとき、ふと、その人が最後にアップした動画のコメントに気付いたのです。


個人的な理由により、動画のアプはこれで最後にしたいと思います。


Nooooo!!! 涙

悲しすぎる。

そして、この事実に2ヶ月も気付かなかったちんちくりんな自分に空しくなりました。

でも、こんなとき、伸二はわたしに"癒し"をくれました:

【週刊モンテだより】での小林伸二監督50歳おめでとうの様子は、こちら

【日刊スポーツ】での小林監督スイカ割りの様子は、こちら

双方とも、写真がすばらしいのと、田代の描写が異なるところが必見です!

モンテだより:

田代選手もサポーターに交じって、アシストしていました。


日刊:

サポーターに交じり、FW田代が発するウソの誘導にも負けず、スイカをバッサリ。


田代、"アシスト"じゃなくて"ウソの誘導"してたの?!笑

和むわぁ。モンテは選手・スタッフ・サポ、そしてメディアまでが、みんな仲良しだわぁ。

小林監督には、ずっとずっとモンテの監督でいて欲しい。

※写真はモンテのフォトギャラリーからもらってきた神戸戦での2枚同時替えのシーン。男前2人の横顔にきゅん。ちなみに、奥が"ウソの誘導"をした田代(笑)で、手前が宮さんです♪

(リンクはPC版のみ有効です)

posted by 川北涼 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。